BL21 Competent Cells for Expressing Sequenced Constructs

BL21 コンピテントセル:シークエンシングされた発現コンストラクト用

  • 高レベルのタンパク質発現
  • 確立された発現コンストラクトに使用
  • 経済的な選択肢
 
資料検索
マニュアル検索
分析保証書
MSDS
学術お問い合わせ
よくある質問
ベクターマップ &
シーケンス

経済的な選択肢

BL21株は、タンパク質発現レベルが高いと同時にLon および OmpT タンパク質分解酵素を欠損しているのでタンパク質発現用に適しています。BL21コンピテントセルは、すでにクローニング、シークエンス済みのコンストラクトを使用するときなど、トランスフォーメーション効率がそれほど重要ではない場合の経済的な選択肢です。BL21コンピテントセルは T7 RNAポリメラーゼに基づく発現システムを用いて、高いレベルでタンパク質を発現させるためにデザインされています。‡‡さまざまなレベルの発現コントロールに対応するために3種の菌株をご用意しております。

発現コントロールの選択

BL21(DE3) コンピテントセルは高レベルのタンパク質発現を容易に誘導可能な、非常に使いやすい菌株です。BL21(DE3)pLysS コンピテントセルを用いると毒性タンパク質発現の際に必要な厳密なコントロールが可能です。さらに、BL21細胞をラムダCE6 バクテリオファージと共に使用すると、最も厳密なタンパク質発現のコントロールが可能で、極めて毒性の高いタンパク質を扱う時に非常に有力な手段となります。また、BL21細胞では T7 RNAポリメラーゼ タンパク質発現システム以外でもご利用になれます。

最適化されたタンパク質発現

すべてのBL21株は、組み換えタンパク質を分解し、単離を妨害する恐れのある OmpT および Lon タンパク質分解酵素を欠損しています。BL21コンピテントセルおよびその派生株を Affinity pCAL ベクターや pET ベクターのような T7 プロモーターをもつベクターと共にご使用いただくことで、タンパク質発現を最適化することが可能です。

BL21 株: E. coli B F- dcm ompT hsdS(rB- mB-) gal

BL21(DE3) 株: E. coli B F- dcm ompT hsdS(rB- mB-) gal λ (DE3)

BL21(DE3)pLysS 株: E. coli B F- dcm ompT hsdS(rB- mB-) gal λ (DE3) [pLysS Camr]a

 
Product Catalog # Amount Price

BL21(DE3) Competent Cells

200131 5 x 0.2 ml お問い合わせください Call
For non-toxic proteins, encodes T7 RNA polymerase under the control of the lacUV5 promoter. Use with Variflex or Affinity pCAL vectors.
分析保証書(C of A) 分析保証書 (C of A)   マニュアル マニュアル

BL21(DE3) pLysS Competent Cells

200132 10 x 0.1 ml お問い合わせください Call
For both toxic and non-toxic proteins, pLysS codes for T7 lysozyme, a T7 RNA polymerase inhibitor. Use with pET or pCAL vectors.
分析保証書(C of A) 分析保証書 (C of A)   マニュアル マニュアル

BL21 Competent Cells

200133 5 x 0.2 ml お問い合わせください Call
For extremely toxic proteins, use with lambda CE6 under the control of T7 RNA polymerase or use with non-T7 polymerase-based systems
分析保証書(C of A) 分析保証書 (C of A)   マニュアル マニュアル