Proteinase K

プロテイナーゼ K

  • 用途の広いタンパク質分解酵素
  • 芳香族、疎水性、脂肪族等のアミノ酸に囲まれたカルボニル基で、ペプチド結合を分解
  • 凍結乾燥した粉末で、37℃で約20units/μgの活性
 
資料検索
マニュアル検索
分析保証書
MSDS
学術お問い合わせ
よくある質問
ベクターマップ &
シーケンス

用途

  • パルスフィールド電気泳動用の染色体DNAの準備に
  • タンパク質フィンガープリント用の染色体DNAの準備に
  • DNAとRNA準備からヌクレアーゼを除去

仕様

単位規格:1ユニットは pH 7.5、37℃ でカゼインを加水分解して1分あたり 1 µM のチロシンと同等の吸光度を産生する。

反応条件:25 µl 容積内に 50 mM Tris-HCl (pH 7.5)、5 mM CaCl2、1 µg DNA と 1 ユニットの酵素。インキュベーションは37℃で30分です。

保存条件:凍結乾燥もしくは20℃で 10 mM CaCl2に保存

保証する安定性:上記のように保存された場合で6ヶ月

 
Product Catalog # Amount Price

Proteinase K, 100 mg

300140 100 mg お問い合わせください Call
Lyophilized powder with specific activity >30 units/mg at 37°C
分析保証書(C of A) 分析保証書 (C of A)