StrataCooler Cryo Preservation Modules

StrataCooler Cryo Preservation Modules

  • 凍結保存細胞の生存率は80~90%
  • 哺乳類細胞や昆虫細胞の凍結保存の際の温度制御に最適です
  • メタノールを使用した冷却槽の費用を節約
 
資料検索
マニュアル検索
分析保証書
MSDS
学術お問い合わせ
よくある質問
ベクターマップ &
シーケンス

生存率が80~90%に上昇

StrataCooler Cryo preservation modulesでは、高度な凍結温度の制御(0.1°C/分)が可能なため、哺乳類細胞と昆虫細胞の凍結保存細胞の生存率が大幅に向上します(80~90%)。

高等真核生物の細胞株のほとんどは、液体窒素中で半永久的に保存できます。細胞温度が液体窒素温度(-185°C)に達すると、数年間凍結保存しても生存率に明らかな変化はありません1

凍結する細胞は氷晶の形成を避けるために、タンパク質の含量が高い特別な凍結用組織培養液(通常は牛胎児血清とDMSOで調製)に懸濁して調製した後、細胞温度を-80°Cまで低下させ、その後-185°Cで保存します。本処理後の細胞生存率は、用いた凍結方法で決まります。冷却速度を0.2~1°C/分に制御すると、ほとんどの細胞タイプで生存率は50%を上回ります。

迅速なプロトコール

  • 細胞を 4 ℃ に冷やされた培養組織の凍結保存液に再懸濁します
  • 細胞をクリオバイアルへ移し、冷蔵によって 4 ℃ に前もって冷やされた StrataCooler Cryo module へ入れます
  • StrataCooler Cryo 装置を -80 ℃ の冷凍庫へ入れます
  • 24時間後、長期間の保存のためにバイアルを液体窒素へ移します

Images

Click For Full Size

>>  Footnotes

  • 1. Simione, F.P. and Brown, E.M., eds. (1991), ATCC Preservation Methods, 2nd Ed. American Type Culture Collection, Rockville, MD. 

 
Product Catalog # Amount Price

StrataCooler Cryo Presevation Module

400005 1cooler お問い合わせください Call
Capacity: 32 standard cryovials, Weight: 1.0 kg, Dimensions (WxDxH): 12 cm x 21 cm x 8 cm
マニュアル マニュアル