1290 Infinity II LC システム

Agilent InfinityLab シリーズ Infinity II LC

1290 Infinity II LC システム

Agilent 1290 Infinity II LC システムは、次世代の UHPLC を具現化します。アジレントならではの優れた信頼性と堅牢性に加えて、効率化を最大限に高める革新的な技術を備えています。1290 Infinity II LC は、優れた分離性能と検出性能を提供し、分析結果の信頼性を飛躍的に向上させます。最高のサンプルキャパシティと最速の注入サイクル時間により、あらゆるアプリケーションで最高のスループットを実現します。現在のラボのインフラへのシームレスな統合と、従来の機器からのスムーズなメソッド移管により、最高の生産性と最小の総所有コストを達成するシステムです。

Application Finder で、1290 Infinity II LC システムのすべてのアプリケーションノートと技術概要を表示できます。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • クロマトグラフィー分離能の向上 – サンプル流路に特別に設計した部品を使用することにより、サンプルの分散を最小限に抑えます。
  • 複雑なサンプルでも優れたピークキャパシティで分離可能 –究極のクロマトグラフィー性能を誇る 2D-LC により実現します。2D-LCシステムの1 次元目をUHPLC として利用可能です。
  • キャリーオーバーを抑えて優れたデータ品質を実現 – 1290 Infinity II マルチサンプラのマルチウォッシュ機能により、クロルヘキシジンなどの難しい化合物でも、キャリーオーバーが 10 ppm 以下にまで低減されます。
  • 独自の検出性能 – 新しい 1290 Infinity II HDR- DAD と 1290 Infinity II ELSD では、最小レベルの検出下限と、きわめて広いダイナミックレンジが実現しています。
  • デュアルニードル注入による高速注入サイクル – サンプルスループットを高速化します。
  • 単位面積あたり最大のサンプルキャパシティ – 標準的なアジレント LC 機器の設置面積内で最大 6144 サンプルを収容します。
  • 飛躍的に向上した利便性 – 革新的な InfinityLab クイックコネクトフィッティングにより、デッドボリュームフリーな UHPLC 流路接続を容易に実現します。
  • あらゆるアプリケーションに対応する柔軟性 – 広いパワーレンジ、温度範囲、拡張可能な注入量範囲によって実現します。フレキシブルポンプとハイスピードポンプの2種類から選択可能です。
  • どのメーカーの LC でもシームレスにメソッドを移管インテリジェントシステムエミュレーション技術(ISET)によってリテンションタイムやピーク分離能を変化させることなく容易に移管します。
  • 既存のクロマトグラフィーデータシステムにシームレスに統合 – アジレントの機器コントロールフレームワーク(ICF)を用いると、Waters Empower、Thermo Scientific Chromeleon といった他社製クロマトグラフィー データシステムから、よりスムーズに Agilent LC 機器を操作できます。
  • 最小限の総所有コスト – さまざまな機能を駆使することにより、サンプルあたりのコストを大幅に削減できます。
  • 製品情報

ページTOP