ウォーターズ HPLC システム向け Agilent CrossLab ポンプ

分析機器用 部品と消耗品

ウォーターズ HPLC システム向け Agilent CrossLab ポンプ

ポンプの定期的なメンテナンスにより、運用コストを削減し、正確で一貫性のある結果が得られるようになります。定期的にメンテナンスを実施することで、ポンプ寿命を通じて最大の稼働率、安定した正確な溶媒流量、高い圧力安定性が提供され、HPLC システムを最適な状態に維持することができます。ウォーターズ HPLC システム向け Agilent CrossLab ポンプ消耗品には、ポンプの最も重要なコンポーネントであるプランジャ、シール、チェックバルブが含まれています。

お見積りはこちらお問合せはこちら

特長

  • プランジャにはサファイヤまたはセラミック製を用意
  • サファイヤプランジャは高純度の単結晶サファイアから製造され、最適な同軸性と摩耗に対する耐性を提供
  • 細心の注意を払って切断され、研磨されているため、優れた耐久性と長寿命を実現
  • シールは超高分子量ポリエチレン (UHMWPE) 製またはグラファイト入りポリテトラフルオロエチレン (GFP) 製
  • プランジャの周りに厳密なシール性を提供する設計
  • 大きく変化する流量と圧力範囲にわたり最高の性能を提供するように設計
  • チェックバルブと構成部品は、ウォーターズの仕様に従ってさまざまな圧力 (最大 16,000 psi または 1,100 bar) で動作するように製造
  • ステンレス、チタン、セラミック、PEEK など、さまざまな素材で製造
  • 慎重な組み立てにより信頼性と一貫性のある性能を確保
  • それぞれが非常に厳しい許容誤差の下で製造されたルビー/セラミック製ボール、サファイヤ/セラミック製シートが動作温度範囲内で適切なシール性を確実に提供

ページTOP