カルボフランの分析

カルボフランの分析

Pub.No. TI 16B2G1-060

【要旨】

カルボフランは広く使用されているN-メチルカルバメート系殺虫剤で、多くの食品に対して残留基準値が設定されています。更に2000年の水質試験法の改定では、新たに監視項目として追加される予定です。この農薬の作物中の告示残留分析法はポストカラムラベル化によるHPLC/蛍光分析法が採用されています。しかし、この方法では高感度分析は困難で、より高感度、高選択的な分析法が必要です。今回はエレクトロスプレー法によるLC/MSでの分析を試みました。更に大量注入法により、試料前処理なしの直接分析の可能性についても検討を行いました。

分野 食品環境
キーワード カルボフラン、殺虫剤、TI 16B2G1-060 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 45kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。