ハロ酢酸類の分析(2)

ハロ酢酸類の分析(2)

Pub.No. TI 16B2G1-011

【要旨】

ハロ酢酸類は水道水の塩素処理により生成する消毒副生物で、浄水試験法にジクロル酢酸及びトリクロル酢酸の基準値が設定されています。これらの分析法にはジアゾメタンでメチル化後、GCあるいはGC/MSが使用されています。しかし、ジアゾメタンは爆発性のある危険な物質であり、さらに保存がきかないため、要時調製となっています。ここでは、エレクトロスプレー法を使用した、LC/MSで測定を行った例を紹介します。

分野 環境
キーワード ハロ酢酸、ジクロル酢酸、トリクロル酢酸、ジアゾメタン、エレクトロスプレー法、LC/MS、TI 16B2G1-011 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 73kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ハロ酢酸のTIC(SCAN 30ng each)