アルカロイドの分析

アルカロイドの分析

Pub.No. TI 16B2G1-009

【要旨】

テオブロミン、テオフィリン、カフェインはアルカロイドの一種であり、テオフィリンは医薬品として喘息の治療薬に広く使用されています。分析には逆相系の ODS 力ラムを使用し、移動相にイオンペア剤としてフッ素系の有機酸を添加して分析を行いました。

分野 食品製薬/バイオ医薬品
キーワード アルカロイド、TI 16B2G1-009 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 69kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。