アフラトキシンの分析

アフラトキシンの分析

Pub.No. TI 16B2G1-006

【要旨】

アフラトキシン類は Aspergillus favus の二次代謝産物として産生される非常に発がん性の強い化合物で、ピーナッツやトウモロコシなどの穀類がしばしば汚染され、食品衛生上関心を集めている化合物です。ここではエレクトロスプレー法を使用した LC/MS での分析法について紹介します。

分野 食品
キーワード アフラトキシン、発がん性、化合物、穀類、TI 16B2G1-006 
掲載年月 2001/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 88kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
LC/MS(シングル四重極) システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。