環境試料の分析-河川水-

環境試料の分析-河川水-

Pub.No. TI 15F1D1-006

【要旨】

河川水は環境サンプルとしては最も一般的なものの1つであり、また水道水を作る原水ともなるため、環境基準のみならず水質基準の対象ともなります。一方、ICP-MSは高感度に多元素同時分析可能という特長を持っており、1994年に改訂された環境基準の中では新たな分析法として採用されています。

(HP 4500 ICP-MSをご利用のお客様へ)

分野 環境
キーワード 河川水、環境試料、誘導結合プラズマ質量分析計、ICP-MS、HP 4500、TI 15F1D1-006 
掲載年月 2000/12
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 143kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
HP 4500 ICP-MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

SLRS-3定性スペクトル