ペンタフルオロベンジル誘導体化を用いる NCI 法による高感度分析

ペンタフルオロベンジル誘導体化を用いる負イオン化学イオン化(NCI)法による高感度分析

Pub.No. MS-200709-002

【要旨】

ペンタフルオロベンジル(PFB)誘導体化の簡略化を図り、フェノール性水酸基を有するフェノール類16種及びエストロゲン5種に適用し、NCI法での高感度分析を試みました。EI法に比較して、平均で数十倍程度の感度の向上が認められました。さらに、河川水への適用を図り、固相抽出(50~100倍)により対象化合物の抽出を行い、PFB誘導体化後NCI法を用いることでsub-ng/Lレベルの検出が可能となりました。

分野 環境
キーワード NCI法、ペンタフルオロベンジル化 
掲載年月 2007/09
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 307kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5975C シリーズ GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

4-t-butylphenol の質量スペクトル