Agilent 6410 による牛乳中メラミンの高感度分析

Pub.No. LCMS-200811TK-001

Agilent 6410 による牛乳中メラミンの高感度分析

偽装目的で牛乳中に混入されたメラミンの分析に LC-MS/MS 法を用いた高感度分析法を検討しました。その結果、シリカゲルカラムによる HILIC モード及び ESI 法を用いた LC-MS/MS 法により厚生労働省から出されたメラミン試験法の性能基準に全て適合した測定が可能でした。今回の測定法での定量限界は9.7ng/g でした。

分野 食品
キーワード メラミン、牛乳、HILIC、LC-MS/MS、MRM、内部標準法、LCMS-200811TK-001 
掲載年月 2008/11
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 287kB)

[ 会員限定 ]
アプリケーションノートを見るにはログインしてください

使用分析装置

使用分析装置 イメージ画像

Agilent 6410 LC/MS

見積フォームを開く

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像クリックして拡大表示ができます。

標準添加牛乳中メラミン及び I.S の MRM クロマトグラム
(A):メラミン, (B):I.S