Agilent 6410 によるアフラトキシン類の一斉分析法

Agilent 6410 によるアフラトキシン類の一斉分析法

Pub.No. LCMS-200810TK-002

【要旨】

米、もち米中アフラトキシンG2、アフラトキシンG1、アフラトキシンB2 及びアフラトキシンB1 の一斉分析に多機能カラム及びLC-MS/MS 法を用いた高感度分析法を検討しました。その結果、イオン化にESI 法を使用することで全アフラトキシン類で0.1ng/mL での測定が可能でした。また米及びもち米において多機能カラムを使用することで試料マトリックスによる妨害ピークの影響やイオン化阻害なく高感度に測定することが可能でした。従って煩雑なマトリックス検量線を使用することなく米、もち米中アフラトキシン類の一斉分析が可能でした。

分野 食品
キーワード 事故米、アフラトキシン類、カビ毒、米、もち米、LC-MS/MS、エレクトロスプレーイオン化法(ESI法)、
LCMS-200810TK-002 
掲載年月 2008/10
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 263kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6410 トリプル 四重極 LC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

米、もち米中各アフラトキシンの
MRM クロマトグラム(濃度:0.25ng/g)