Agilent 6410 によるマラカイトグリーン及びロイコマラカイトグリーンの高感度分析の紹介

Agilent 6410 によるマラカイトグリーン及びロイコマラカイトグリーンの高感度分析の紹介

Pub.No. LCMS-200807TK-003

【要旨】

食品衛生法で養殖魚への使用が禁止されているマラカイトグリーン(MG)及びその代謝物であるロイコマラカイトグリーン(LMG)の配合飼料及び魚粉中での微量分析法としてLC-MS/MS 法について検討しました。また、定量分析には飼料分析基準で指定されている重水素ラベル化安定同位体を用いた内部標準法を使用しました。その結果、配合飼料、魚粉中で妨害ピークの影響なくMG,LMG 共に2ng/g での正確な定量が可能でした。

分野 食品
キーワード マラカイトグリーン、ロイコマラカイトグリーン、魚粉、配合飼料、LC-MS/MS、LCMS-200807TK-003 
掲載年月 2008/07
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 215kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6410 トリプル四重極LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

MG,LMG 及び各安定同位体のMRM クロマトグラム
(濃度 MG,LMG:0.5ppb、MG-d5,LMG-d6:5ppb)

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

魚粉(A)及び配合飼料(B)中LG,LMG の
MRMクロマトグラム(添加濃度:2ng/g)