Agilent 6410 によるテトロドトキシンの高感度分析

Agilent 6410 によるテトロドトキシンの高感度分析

Pub.No. LCMS-200806TK-001

【要旨】

ふぐ毒であるテトロドトキシン(TTX)のLC-MS/MS 法による高感度分析法を検討しました。その結果、イオン源にESI 法、カラムにマルチモードカラムを使用することでTTX は良好なピーク形状が得られ、0.1ng/mL 以下の測定が可能でした。また、マウス血清抽出液中において血清成分由来の妨害ピークの影響なく微量TTX を測定することが可能でした。

分野 食品
キーワード テトロドトキシン(TTX)、フグ毒、LC-MS/MS、マルチプルリアクションモニタリング、6410、LCMS-200806TK-001 
掲載年月 2008/06
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 218kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6410 トリプル四重極LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

TTX のMRM クロマトグラム

分析結果の一例

分析結果の一例2 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

TTX の検量線(100~0.1ng/mL)