フモニシン類の高感度一斉分析

Agilent 6410 によるフモニシン類の高感度一斉分析

Pub.No. LCMS-200804TK-002

【要旨】

F.verticillioides (F.moniliforme) および F.proliferatum が産生するかび毒の一種であるフモニシンB1、フモニシンB2 及びフモニシンB3 のLC-MS/MS 法による高感度分析法を検討しました。その結果、イオン源にESI 法、移動相にぎ酸を使用することで全フモニシン類の分離が可能で、1ng/g 以下の測定が可能でした。また、配合飼料中においても顕著なイオン化抑制もなく良好な結果が得られました。

分野 食品
キーワード フモニシンB1、B2、B3(FB1、FB2、FB3)、かび毒 
掲載年月 2008/04
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 204kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6410 トリプル四重極質量分析計
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

フモニシン類の質量スペクトル