2D-LC/MS を用いた合成核酸のイオン交換分離およびオンライン脱塩

2D-LC/MS を用いた合成核酸のイオン交換分離およびオンライン脱塩

Pub.No. LC-MS-202004NA-001

【要旨】

イオン交換クロマトグラフィーによるオリゴヌクレオチドの分析は、その合成プロセスの管理において重要です。しかし、イオン交換クロマトグラフィーでは通常不揮発性塩を含む緩衝液を移動相に用いるため、LCに質量分析計を接続しMS検出を行うことは困難です。 本アプリケーションノートでは、2次元LC/MS(2D-LC/MS)を用いた合成オリゴヌクレオチドの測定を紹介します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 2D-LC、合成核酸、オリゴヌクレオチド、イオン交換、脱塩、ハートカット、製薬、バイオ医薬品、InfinityLab 2D-LC Solution、6545XT Q-TOF MS 
掲載年月 2020/05
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 898kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)