糖類の分析

InfinityLab LC/MSD iQ による糖類の分析

Pub.No. LC-MS-201912ND-001

【要旨】

糖類は極性が高いため、LC を用いた分析では HILIC(親水性相互作用)や配位子交換カラムでの分離が有効です。また、糖類は UV 吸収を持たないため、示差屈折計(RI)が多用されますが、グラジエント分析が出来ず、多くの種類の糖類の一斉分析は困難です。
本アプリケーションノートでは、小型のシングル四重極 LC/MS である Agilent InfinityLab LC/MSD iQ を用いて、HILIC モードのグラジエント溶出による 9 種類の糖類の分析を行いました。

分野 食品
キーワード 糖分析、シングル四重極 LC/MS、食品 
掲載年月 2019/12
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 777kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)