穀類中トリコテセン系カビ毒及びゼアラレノンの分析

Pub.No. LC-MS-201906TK-001

Ultivo トリプル四重極 LC/MS を用いた穀類中トリコテセン系カビ毒及びゼアラレノンの分析

本アプリケーションノートでは、試料精製に Captiva EMR-Lipid, Bond Elut Mycotoxin Jr を使用し,測定に Ultivo トリプル四重極 LC/MS を用いたハトムギ加工品中トリコテセン系カビ毒及びゼアラレノンの一斉分析法を紹介します。

分野 食品環境バイオ医薬品/医薬品
キーワード トリコテセン系カビ毒、ゼアラレノン、Ultivo、ハトムギ加工品 
掲載年月 2019/07
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 1.20MB)

アプリケーションノートを見る
(PDF 1.2MB)