水道水中のハロ酢酸の高速分析

アジレント Ultivo トリプル四重極 LC/MS 検出器を用いた水道水中のハロ酢酸の高速分析

Pub.No. LC-MS-201808YD-001

【要旨】

平成 24年 4月 1日に水質基準値に関するモノクロロ酢酸(MCAA)、ジクロロ酢酸(DCAA)、およびトリクロロ酢酸(TCAA)の検査方法の一部改正が告知され、LC/MS および LC/MS/MS を用いる試験法が採用されました。その後、厚生労働省令第 29号に基づき、平成 27年 4月 1日から基準値の一部が改正されました。このアプリケーションノートでは、アジレント Ultivo トリプル四重極 LC/MS を用いて水道水中のハロ酢酸類を測定しました。その結果、新基準値の 1/10 に相当する水道水への添加回収率は、MCAA 90.4%、DCAA 84.4%、TCAA 91.3% と良好でした。

分野 環境
キーワード ハロ酢酸、 トリプル四重極 LC/MS、 水質基準値 
掲載年月 2018/09
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 674kB)

ログイン会員限定