Agilent 6460 トリプル四重極 LC/MS を用いたネオニコチノイド系農薬の分析

トリプル四重極 LC/MS を用いたネオニコチノイド系農薬の分析

Pub.No. LC-MS-201603SG-001

【要旨】

ニテンピラムの代謝物 (CPMF, CPF) を含む10種類のネオニコチノイド系農薬の一斉分析を行いました。0.1-100 ppb の検量線の決定係数 (r2) はすべての農薬で 0.999 以上、1 ppb の再現性は RSD 10 % 未満でした。1 ppbスパイクサンプルにおける定量値も 1 ppb 前後と良好な定量性を示しました。

分野 食品
キーワード トリプル四重極 LC/MS 6460、 ネオニコチノイド系農薬 
掲載年月 2016/03
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 1.40MB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6460 トリプル四重極 LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

標準溶液および実試料(1ppb添加)のMRMクロマトグラム