オリゴヌクレオチドのイオン交換モードでの分析における Agilent Bio SAX カラムの優位性

オリゴヌクレオチドのイオン交換モードでの分析における Agilent Bio SAX カラムの優位性

Pub.No. LC-201711MA-001

【要旨】

非多孔質の強カチオン交換カラムである Agilent Bio SAX カラムを用い、オリゴヌクレオチドの分析を行いました。その結果、従来の強カチオン交換カラムと比較し、優れた結果を得ることができました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード オリゴヌクレオチド、核酸医薬、Sub2 μm、イオン交換 
掲載年月 2017/11
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 576kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)