Poroshell HPH-C18 カラムを用いた自動プレカラム誘導体化法によるアミノ酸分析

Agilent 1260 Infinity II LC と Poroshell HPH-C18 カラムを用いた自動プレカラム誘導体化法によるアミノ酸分析

Pub.No. LC-201611MI-001

【要旨】

アミノ酸分析は食品分析において重要な分析で、様々な分析法が利用されています。その中でもプレカラム誘導体化 - 逆相分離による分析法はシステム構成が単純で取扱いやすく、一般的なHPLCで分析が可能です。分離にはコアシェル形充塡剤で、高いpHでの耐久性が高く、高効率カラムであるPoroshell HPH-C18 カラムを用いて、従来のプレカラム誘導体化アミノ酸分析メソッドをAgilent 1260 Infinity II シリーズ用に改良しました。 今回の全自動プレカラム誘導体化法は、検量線の直線性や再現性が良好であり、耐久性も向上し、食品試料への適用も可能となりました。

分野 食品
キーワード HPLC、プレカラム誘導体化、アミノ酸、コアシェル、OPA、FMOC 
掲載年月 2016/11
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 471kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)