Agilent Infinity 1260 LC を用いたゴルフ場農薬の分析

Agilent Infinity 1260 LC を用いたゴルフ場農薬の分析

Pub.No. LC-201405IB-001

【要旨】

平成25年6月に改正された 「ゴルフ場で使用される農薬による水質汚濁の防止に係る暫定指導指針」 に準拠し、LC測定対象と定められたゴルフ場農薬分析法の検討を行いました。Agilent 1260 infinity LC とダイオードアレイ検出器を用いることで、測定感度として規定される各成分 5 ng が検出でき、その 10分の 1 にあたる 0.5 ng の定量も可能です。各成分 5 ng 測定時の面積再現性は概ね 1 % 以下でした。高分解能と低圧損を併せ持つ Poroshell カラムを使用することで、分離能を保ったまま、測定時間を 10分未満まで短縮することが可能です。

分野 環境
キーワード 1260、 G4212B、 Poroshell、 ゴルフ場農薬、 チウラム、 オキシン銅 
掲載年月 2014/05
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1.07MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Infinity 1260 LC
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

LC測定クロマトグラム