植物および食品中の主成分元素、および微量元素の迅速な測定方法

Agilent 730-ES ICP-OES を使用した植物および食品中の主成分元素、および微量元素の迅速な測定方法

Pub.No. IO-033JAJP

【要旨】

誘導結合プラズマ発光分光分析法 (ICP-OES) は、食品および農業分野での多元素分析におけるパワフルなツールとなり、分析ラボが迅速で正確な高精度の結果を提供する必要性がますます高まっています。

多くの場合、植物や食品の分析には、厳密で時間の掛かるサンプル前処理が必要です。最新のマイクロウェーブ分解技術を使用することで、このようなサンプルの前処理が簡略化され、高速化されます。また、多くの場合、従来の外部分解加熱法よりも汚染の発生が抑えられ、その速度と効率により、従来のサンプル前処理に代わる非常に魅力的な方法となっています。

分野 食品環境
キーワード ICP-OES; ICP; OES; Mg; K; P; Ca; Na; Zn; Fe; Mn; Cu;誘導結合プラズマ発光分光分析法、 食品、 農業 
掲載年月 2012/03
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 344kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
720/730 シリーズ ICP-OES
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

米粉中の抽出可能な主成分元素