イオントラップ GC/MS の液体 CI について

2X0 シリーズ(220 / 240) イオントラップ GC/MS の液体 CI について

Pub.No. GCMS-201110KS-001

【要旨】

GC/MS における定性はほとんどの場合、電子イオン化 (EI) でスペクトルを採取してライブラリサーチを行うという手法がとられていますが、分子量推定には正イオン化学イオン化 (PICI) が有効です。アジレント 2X0 シリーズ (220 / 240) イオントラップ GC/MS では独自の液体 CI を使用することによって、より安全・簡単に分子量推定が可能となります。ここでは、イオントラップ GC/MS を使用した分子量推定のテクニックとその特徴について解説します。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード CI、液体CI、分子量推定、イオントラップ、GC/MS 
掲載年月 2011/10
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 651kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

EI と各CI における特徴的な
イオンのマスクロマトグラム
各成分上からEI、メタノールCI、イソプロピルアルコールCI、アンモニア水CI