劣化サラダ油および総菜の異臭分析

MassHunter Quant 異臭分析用ターゲットデコンボリューション解析メソッドを用いた劣化サラダ油および総菜の異臭分析

Pub.No. GC-MS-201810HT-001

【要旨】

異臭分析においては、分析機器の性能向上により、試料の前処理や測定にかかる時間は短くなる一方、データの情報量は増え、データ解析に時間と労力を要する傾向にあります。異臭が原因となるトラブルが、解決すべき喫緊の課題と捉えられており “迅速” かつ “正確” に解析を行い、原因成分を特定することが求められています。

このアプリケーションノートでは、ターゲットを絞った正確かつ迅速な解析を実現するために、MassHunter Quant (定量) ソフトウェアに搭載されているターゲットデコンボリューション (TD) 機能を用いて、異臭分析用 TD 解析メソッドを作成し、食用油の劣化臭、総菜の消毒臭の同定解析に用いた事例をご紹介します。

分野 食品環境
キーワード 異臭、食用油、総菜、消毒臭、異臭分析用データベース、マススペクトルライブラリ、ターゲットデコンボリューション、MassHunter、GC/MS 
掲載年月 2018/10
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 3.01MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)