GC/Q-TOF による指定薬物 2-EAPB 代謝物の同定と検出

GC/Q-TOF による指定薬物 2-EAPB 代謝物の同定と検出

Pub.No. GC-MS-201602OG-001

【要旨】

急速に規制対象が増加する危険ドラッグ分析において、標準品、特に代謝物の標準品を入手するのは容易でありません。本アプリケーションノートでは、ヒト肝ミクロソームを用いてある指定薬物の代謝物を作成し、GC/Q-TOF を用いてその組成と構造を決定しました。そして実際にその薬物を摂取したと思われる人の尿中からそれらの検出を試みました。

分野 法医学
キーワード GC/Q-TOF、PICI、危険ドラッグ、指定薬物、代謝物、ヒト肝ミクロソーム、法医学 
掲載年月 2016/02
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 600kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7200B シリーズ GC/Q-TOF
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Fig.1 2-EAPB-TFA の PICI マススペクトル
Fig.2 2-EAPB-TFA の PICI プロダクトイオンスペクトル