リテンションタイムロッキング(RTL)の利点と適用例(技術概要)

リテンションタイムロッキング(RTL)の利点と適用例(技術概要)

Pub.No. GC-MS-201512OS-001

【要旨】

リテンションタイムロッキング (RTL) を用いることにより、カラム長さや検出器などといった装置構成が異なっていても、リテンションタイムを高い精度で再現し、一致させることができます。異なるサイトで得られたデータや GC/FID と GC/MS のデータ等の比較が容易となります。また、積分条件、SIM 条件、MRM 条件といったタイムイベントの変更及び検量線用の化合物テーブルのリテンションタイムの更新も必要なくなり、作業を省力化することができます。更に、RTL を使用することで、各種RTLデータベースを用いたクロマトグラム上のピークの同定の信頼性が向上します。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)食品環境法医学エネルギー&石油
キーワード リテンションタイムロッキング(RTL)、ライブラリ、香料、残留溶媒、ヘッドスペースサンプラ、FID、MSD 
掲載年月 2015/12
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 551kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
リテンションタイムロッキング(RTL)
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

RTL を用いたメロン香料の分析例
(a)オリジナル, 圧力: 26.7 psi
(b)新しいカラム(RTL なし), 圧力: 26.7 psi
(c)新しいカラム(RTL あり), 圧力: 27.7 psi