7697A HSS-7890B GC を用いた、残留溶媒分析の汎用メソッドの開発

7697A HSS-7890B GC を用いた、残留溶媒分析の汎用メソッドの開発

Pub.No. GC-MS-201508AZ-001

【要旨】

医薬品中の残留溶媒分析を行うために、ヘッドスペースサンプラを組み合わせて、GC、GC/MS が用いられます。本アプリケーションノートでは、最も汎用的に用いられる GC-FID を用いて効率的に分析を開始、運用できるメソッドを検討しました。アジレント独自のリテンションタイムロッキングを用いることで、ICH (日米EU医薬品規制調和国際会議) で定められた Class1,2,3 の残留溶媒に加えて、アミン類を含めた約 60 種類の溶媒を同定、定量できるようにメソッドを作成、最適化しました。
さらに、分離カラム、キャリアガスの異なる場合においても対応できるよう、各仕様におけるメソッドを検討しました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 7697A、 7890B GC、 残留溶媒、リテンションタイムロッキング(RTL) 
掲載年月 2015/08
ページ数 5ページ (PDFファイルサイズ 622kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7697A ヘッドスペースサンプラ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Claas2 溶媒、各100mg/L のクロマトグラム。上図は DB-Select 624UI、下図は VF-WAXms で、ともにキャリアガスに窒素を使用した際のデータ。