RoHS 指令フタル酸エステル類の分析 (サーマルセパレーションプローブ)

RoHS 指令フタル酸エステル類の分析 (サーマルセパレーションプローブ)

Pub.No. GC-MS-201503NK-003

【要旨】

RoHS 指令における制限対象物質に4種類のフタル酸エステル(最大許容濃度は 0.1 wt % (案)) が追加される予定になっています (2015年2月現在)。本アプリケーションノートでは、安価 (約100万円) でかつ試料を簡便な前処理で測定可能なサーマルセパレーションプローブを用いる GC/MS法について述べます。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)材料試験・研究
キーワード RoHS指令、フタル酸エステル類、サーマルセパレーションプローブ(TSP)、GC/MS 
掲載年月 2015/03
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 365kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
サーマル・セパレーション・プローブ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

PVC マットの TICC