スターバー抽出加熱脱着 GC/MS による水道規制農薬 135成分の分析 (危機管理への対応)

スターバー抽出加熱脱着 GC/MS による水道規制農薬 135成分の分析 (危機管理への対応)

Pub.No. GC-MS-201408NK-001

【要旨】

平成25年3月厚生労働省は、農薬類の分類を見直し、130成分以上の農薬が測定対象となりました。本アプリケーションノートでは、固相抽出法に比較し迅速な前処理法であるスターバー抽出法による検討を行いました。濃度100ng/lにおいて、検出できなかった農薬は10成分ありましたが、125農薬が検出可能でした。水源域や水源、原水、浄水施設などに毒薬物を投入するテロには、迅速な前処理法であるスターバー抽出法は有用であると期待できます。

分野 環境食品国土安全保障
キーワード 水質分析、農薬、スクリーニング、Twister、スターバー抽出(SBSE)、塩析、GC/MS 
掲載年月 2014/08
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 363kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5977A シリーズ GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

絶対回収率、再現性および決定係数 (一部)