大量注入口装置 (LVI-S200) を装備したトリプル四重極 GC/MS/MS による残留農薬分析

大量注入口装置 (LVI-S200) を装備したトリプル四重極 GC/MS/MS による残留農薬分析

Pub.No. GC-MS-201402SG-003

【要旨】

複雑なマトリックスを含む食品中の残留農薬分析には、選択性に優れるトリプル四重極 GC/MS/MS が非常に有効です。また、大量注入と組み合わせることで、前処理の簡便化やより低濃度での測定などさまざまなメリットがあります。

分野 食品
キーワード トリプル四重極 GC/MS、MRM、大量注入、LVI-S200、残留農薬分析 
掲載年月 2014/02
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 1.52MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7000C トリプル四重極 GC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

標準溶液1ppb のMRM クロマトグラム(一部)