cis/trans 異性体群を含んだ脂肪酸メチルエステル (FAME) の分析

Agilent CP-Sil 88 カラムによる cis/trans 異性体群を含んだ脂肪酸メチルエステル (FAME) の分析

Pub.No. GC-201108NI-001

【要旨】

CP-Sil 88 カラムの液相は、高い含有率のシアノプロピル基を持っています。液相の極性が非常に高いため、沸点や極性の差が小さい位置異性体および幾何異性体に対して高い選択性を持っています。cis/trans 異性体が数多く存在する脂肪酸メチルエステル (FAME) の分析にとって、CP-Sil 88 カラムは非常に適合性の高いカラムです。本アプリケーションノートでは、公定法の一種である AOAC 996.06 に準拠した分析方法を用いて、CP-Sil88 カラムが持つFAME の分離性能の検討を行いました。

分野 食品
キーワード CP-Sil 88 カラム、脂肪酸メチルエステル、AOAC 996.06、リテンションタイムロッキング 
掲載年月 2011/08
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 242kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7890A GC システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

スペルコ 37 種FAME ミックスのクロマトグラム