フッ素テロマーアルコール類の定量分析

Pub.No. 5994-4722JAJP

Agilent 7010B GC/TQ によるフッ素テロマーアルコール類の定量分析

Agilent 7010B トリプル四重極 GC/MS(GC/TQ)の MRM モード分析によるフッ素テロマーアルコール類の分析を検討したところ、検出下限 0.2 ~ 0.5 ppb 程度の定量分析が可能でした。

分野 環境
キーワード GC/TQ、 MRM、 MS/MS、 フッ素テロマーアルコール、 PFAS、 FTOHs  
掲載年月 2022/03
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 415kB)

[ 会員限定 ]
アプリケーションノートを見るにはログインしてください