GC/MS によるバックフラッシュを用いた2-/3-MCPD 脂肪酸エステルとグリシドール脂肪酸エステルの分析

Pub.No. 5994-4496JAJP

シングル四重極型 GC/MS によるバックフラッシュを用いた2-/3-MCPD 脂肪酸エステルおよびグリシドール脂肪酸エステルの分析

2-/3-モノクロロ-1,2-プロパンジオール脂肪酸エステル(2/3-MCPD-Es)およびグリシドール脂肪酸エステル(G-Es)の間接分析法の 1 つである基準油脂分析試験法 2.4.14-2016(通称、酵素法)により食品油脂を前処理し、シングル四重極型ガスクロマトグラフ質量分析計 Agilent 8890 GC と Agilent 5977B GC/MSD による分析を行いました。非常に良好な直線性の検量線ならびに、実試料における非常に良好な再現性が得られました。バックフラッシュオプションを使用することで、カラムの焼き出しを行うことなく高沸点の夾雑成分の残留を防ぎ、堅牢な分析を行うことが可能になります。

分野 食品
キーワード 2/3-MCPD脂肪酸エステル、 グリシドール脂肪酸エステル、 GC/MS、 バックフラッシュ、 8890 GC、 5977B GC/MSD、  
掲載年月 2022/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 862kB)

[ 会員限定 ]
アプリケーションノートを見るにはログインしてください