Agilent Bravo Automated Liquid Handler でのMedicinal Genomics 社 SenSATIVAx およびPathoSEEK キットの自動化

Pub.No. 5994-3636JAJP

Agilent Bravo Automated Liquid Handler でのMedicinal Genomics 社 SenSATIVAx およびPathoSEEK キットの自動化:多様なマトリックスからの大麻 DNA サンプル抽出およびqPCR セットアップの自動化

多様なマトリックスからの大麻 DNA サンプル抽出およびqPCR セットアップの自動化

Medicinal Genomics 社の SenSATIVAx 植物/微生物 DNA 精製キットおよび PathoSEEK 微生物安全性試験ソリューションワークフローでは、大麻花やマリファナ含有製品(MIP)のマトリックスに存在する微生物汚染を試験するために、磁気ビーズベースの DNA 分離および定量 PCR(qPCR)技術を用います。これらのキットを Agilent Bravo Automated Liquid Handling Platform 上で自動化し、複数のマトリックスの分析における効率的な DNA 抽出および qPCR セットアップワークフローを作成しました。

分野 法医学食品
キーワード Medicinal Genomics; SenSATIVAx; PathoSEEK; Bravo Automated Liquid Handler; Automation; Cannabis; marijuana-infused-product 
掲載年月 2021/08
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 321kB)

アプリケーションノートを見る
(PDF 322KB)