Agilent 8890 GC システムとAgilent 5977B GC/MSD による乳児用調製粉乳中の 2-MCPD および3-MCPD 脂肪酸エステルの測定

Pub.No. 5994-3233JAJP

Agilent 8890 GC システムとAgilent 5977B GC/MSD による乳児用調製粉乳中の 2-MCPD および3-MCPD 脂肪酸エステルの測定

本アプリケーションノートでは、乳児用調製粉乳中の 3-モノクロロプロパン-1,2-ジオール(3-MCPD)および 2-モノクロロプロパン-1,3-ジオール(2-MCPD)の脂肪酸エステルを測定することを目的とした信頼性の高い分析メソッドについて説明します。2 つの異なる誘導体化試薬、ヘプタフルオロブチリルイミダゾール(HFBI)とフェニルボロン酸(PBA)を、サンプル前処理のために評価しました。定性分析および定量分析には、Agilent 8890 GC システムを Agilent 5977B GC/MSD と組み合わせて使用しました。その結果、乳児用調製粉乳中のモノクロロプロパンジオールの分析に対するワークフローソリューションの利点が示されました。優れたピーク形状と分解能が得られました。回収率は 86.9 ~106.7 % の範囲であり、十分な値を達成しました。精度も優れており、相対標準偏差は 15 % 未満でした。

分野 食品
キーワード 8890 GC; 5977 GC/MSD; Bond Elut EMR-Lipid; Chem Elut S; QuEChERS; infant formula; MCPD; monochloropropanediol 
掲載年月 2021/06
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 1010kB)

アプリケーションノートを見る
(PDF 1011KB)