Agilent AdvanceBio ペプチドプラスカラムによる脱アミド化ペプチドの分離

Agilent AdvanceBio ペプチドプラスカラムによる脱アミド化ペプチドの分離

Pub.No. 5994-2971JAJP

【要旨】

グルタミンとアスパラギンの脱アミド化は、タンパク質に影響を与える最も一般的な分解の 1 つです。ただし、質量分析による脱アミド化の分析は、未修飾型に対するマスシフトが 1 Da 未満と小さいために困難です。部位特異的な脱アミド化の測定には、LC/MS 分析の前のプロテアーゼ消化がよく使用されますが、未修飾型と脱アミド化型がクロマトグラフィー分離されなければ、この方法も失敗する可能性があります。幸いなことに、電荷表面を持つ C18 カラムを使用すれば、脱アミド化ペプチドとその未 修飾変異体の分離度が劇的に向上します。また移動相の最適化によって、これらの成分の分離度をさらに制御しやすくなる可能性があります。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード AdvanceBio Peptide Plus、 AdvanceBio Peptide Mapping column、 6546 LC/Q-TOF、 MassHunter BioConfirm software、 MassHunter qualitative analysis software、 deamidation、 proteins、 peptide variants、 method development、 LC/MS 
掲載年月 2021/02
ページ数 7ページ (PDFファイルサイズ 787kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)