LC/Q-TOF および LC-QQQ によるヒト全血中の薬物 102 種類のスクリーニング、同定、および定量

LC/Q-TOF および LC-QQQ によるヒト全血中の薬物 102 種類のスクリーニング、同定、および定量

Pub.No. 5994-2830JAJP

【要旨】

液体クロマトグラフィー/四重極飛行時間型質量分析(LC/Q-TOF)とトリプル四重極質量分析を組み合わせて使用し、全血中の 102 種類の薬物をスクリーニング、同定、定量するための包括的なワークフローを開発して検証しました。対象とする薬物は、15 クラスで構成される 66 種類の依存性薬物とその代謝物の一部、および 12 クラスで構成される 36 種類の医薬品です。カートリッジ内タンパク処理(PPT)抽出を用いてサンプルを前処理した後、Agilent Captiva EMR-Lipid クリーンアップを実施しました。大部分の分析対象物で全スパイク濃度において優れた真度(100 ±20 %)および精度(RSD < 20 %)を示し、全血の定量下限(LOQ)は 0.5 ~ 5 ng/mL の範囲であり、検量線の直線性は R2 > 0.99 を示しました。

分野 法医学
キーワード Agilent Captiva EMR-Lipid、 Agilent SureMass、 liquid chromatography/quadrupole time-of-flight mass spectrometry (LC/Q-TOF)、 triple quadrupole mass spectrometry (LC-QQQ)、 method development、 Drugs of Abuse、 Human Whole Blood 
掲載年月 2021/01
ページ数 20ページ (PDFファイルサイズ 1.03MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)