モノクローナル抗体の複数の重要品質特性評価および比較可能性評価

モノクローナル抗体の複数の重要品質特性評価および比較可能性評価

Pub.No. 5994-2245JAJP

【要旨】

多特性解析メソッド(Multi-attribute method:MAM)に基づく LC/MS ペプチドマッピングは、バイオ医薬品分析の分野で大きな注目を集めています。本アプリケーションノートでは、さまざまなモノクローナル抗体(mAb)の重要品質特性(CQA)を特定・定量するための LC/MS ペプチドマッピングアプローチについて説明します。このペプチドマッピングメソッドを従来の方法と比較したところ、リジン切断、酸化、脱アミド化、N 末端環化、およびグリコシル化に関して、非常に類似した推定値が得られることがわかりました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード mam、 lcms、 peptide mapping 
掲載年月 2020/10
ページ数 14ページ (PDFファイルサイズ 1.33MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)