糖ペプチドベースのキラルカラムによる最新のキラル分離

Agilent InfinityLab Poroshell 120 キラル-T カラムを用いたマレイン酸チモロールのキラル分離

Pub.No. 5994-2143JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、マレイン酸チモロールのキラル分離の開発と最適化について説明します。このメソッドでは Agilent InfinityLab Poroshell 120 キラル-T カラムを使用し、マレイン酸チモロールのキラル分離で用いられている現行の USP メソッドと比較します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード Agilent InfinityLab Poroshell 120 Chiral-T column; Agilent 1260 Infinity II LC; teicoplanin; chiral separation 
掲載年月 2020/07
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1.14MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)