Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS を 用いた EPA 537.1 および EPA 533 による 飲料水中のペル/ポリフルオロアルキル 化合物(PFAS)の分析

Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS を 用いた EPA 537.1 および EPA 533 による 飲料水中のペル/ポリフルオロアルキル 化合物(PFAS)の分析

Pub.No. 5994-1920JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、民間ラボ環境における飲料水中のペル/ポリフルオロアルキル化合物(PFAS)の EPA メソッド 537.1 および 533 のバリデーションについて解説します。両方のメソッドで、Agilent Poroshell EC-120 カラムを使用して成分を分離しました。ピークの非対称性係数は、10 分未満の分析時間を達成しつつ EPA ガイドラインの範囲内に収まり、EPAメソッドの分析時間にわたりスループットが大幅に向上しました。

分野 環境
キーワード PFAS、 LC/MS、 LC/TQ、 Ultivo Triple Quadrupole、 water testing、 environmetal、 drinking water 
掲載年月 2020/06
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 746kB)

ログイン会員限定