Agilent 1260 Infinity II Prime LC システムとAgilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS を用いた農薬のマルチメソッド分析

Agilent 1260 Infinity II Prime LC システムとAgilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS を用いた農薬のマルチメソッド分析

Pub.No. 5994-1889JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、MS 機器のフロントエンドとして機能する Agilent 1260 Infinity II Prime LCシステムの利点について説明します。1260 Infinity II Prime LC システムは、最大圧力 80 MPa の範囲に対応しており、1.9 μm 固定相材が充填された最新の内径 2.1 mm カラムが使用できます。通常、これらのカラムは、ハイエンドの LC/MS 分析で使用されます。ここでは、複雑なマトリックス中の多成分残留農薬の分析例について示します。また、異性体や高極性のサンプルの分離など、いくつかの重要な農薬分析についても詳細に説明します。

分野 食品
キーワード Agilent 1260 Infinity Prime LC、 Ultivo triple quad LC/MS、 pesticides、 food testing 
掲載年月 2020/10
ページ数 16ページ (PDFファイルサイズ 2.92MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)