Poroshell 120 SB-C18 カラムによるカルボニル DNPH 誘導体の分析

Agilent InfinityLab Poroshell 120 SB-C18 カラムによる最新の HPLC メソッド:カルボニル DNPH 誘導体の分析のスループットが 3 倍に向上

Pub.No. 5994-1809JAJP

【要旨】

従来の 5 μm カラム上で開発されたカルボニル-ジニトロフェニルヒドラジン(DNPH)誘導体の分析のオリジナルメソッドを移管し、4、2.7、1.9 μm を含む Agilent InfinityLab Poroshell 120 SB-C18 カラムの異なる粒子サイズにスケーリングしました。粒子径がより大きい全多孔質粒子カラムからより小さい表面多孔質カラムにメソッドをスケーリングすることで、大幅な分析時間の短縮と溶媒消費量の削減が実現しました。

分野 環境
キーワード Agilent InfinityLab Poroshell 120 columns; Agilent ZORBAX 300SB-C18 columns; carbonyl-dinitrophenylhydrazine derivatives; Agilent 1290 II LC 
掲載年月 2020/04
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 646kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)