ICP-MS 機能の拡張による食品中のナノ粒子の検出

ICP-MS 機能の拡張による食品中のナノ粒子の検出

Pub.No. 5994-1748JAJP

【要旨】

Agilent 7800 ICP-MS は、高速の多元素分析機能、低い検出下限、広いダイナミックレンジを備えているため、食品の品質管理分析に広く用いられています。しかし、食品の安全性規制の変化や消費者の意識の高まりに伴い、元素含有量全体の測定に加えて、食品中のナノ粒子(NP:Nano Particle)のモニタリングへのニーズが増大しています。今回の研究では、7800 ICP-MS を標準 MicroMist ガラス製同軸ネブライザ、石英製スコット型スプレーチャンバ、ニッケル製インタフェースコーンと組み合わせて使用しました。

分野 食品
キーワード spICP-MS; single particle; nanoparticles; single particle metals; metal nanoparticles 
掲載年月 2020/07
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 751kB)

ログイン会員限定