MP-AES による廃水のハイスループット多元素分析

MP-AES による廃水のハイスループット多元素分析

Pub.No. 5994-1746JAJP

【要旨】

廃水は、産業、商業、農業における幅広いプロセスで発生しています。As、Cd、Pb、Hg などの潜在的に有害な元素が環境を汚染するのを防止するために、廃水が放出または処理される前に分析をする必要があります。 廃水の分析には、フレーム原子吸光、グラファイトファーネス-AAS、誘導結合プラズマ原子発光分析、ICP 質量分析計といった多様な原子分光法が使用されています。しかし、コントラクトラボや品質管理(QC)ラボは高品質データを提供しながら効率化を図っているため、多くのラボでは元素分析のためにマイクロ波プラズマ原子発光分光分析装置を加えました。MP-AES は自動で分析でき、可燃性ガスや高価なガス、ホローカソードランプは不要なため、ラボの安全性が向上し、運用コストを削減できます

分野 環境
キーワード metals effulent; sludge; CONAMA 430/2011; brazil environmental; brazil CONAMA; CONAMA 430; 430-2011 
掲載年月 2020/06
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.20MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)