Agilent Intuvo 9000/7010 GC/MS/MSシステムによる大麻/麻の規制対象農薬の分析:Fast-5

Agilent Intuvo 9000/7010 GC/MS/MSシステムによる大麻/麻の規制対象農薬の分析:Fast-5

Pub.No. 5994-1604JAJP

【要旨】

米国各州とカナダ保健省が大麻および麻について規制している農薬リストでは、同定と定量が必要な化合物は約 100 種類にのぼります。このうち、特に分析が必要なサンプルタイプ(乾燥花、濃縮物、オイル、グミなど)の中で、エレクトロスプレー LC/MS/MS による分析が難しい化合物は 29 種類以上あります。例えばペンタクロロニトロベンゼン(PCNB、別名キントゼン)、キャプタン、クロルデン、クロルフェナピル、メチルパラチオンなどです。今回の研究では、Fast-5 と呼ばれる 5 種類の農薬を分析 するための新しい GC/MS/MS メソッドを開発し、その優れた真度、精度、検出下限(LOD)、定量下限(LOQ)、範囲、直線性を証明しました。

分野 食品法医学
キーワード Challenging pesticides、 cannabis testing、 hemp testing、 Fast 5、 GC/MS/MS、 Agilent Intuvo、 Intuvo 9000-7010 GC/MS/MS、 residual pesticides、 cannabis flower extracts、 residual pesticide analysis 
掲載年月 2020/03
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 1.44MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)