Agilent 5900 SVDV ICP-OES を用いたUS EPA メソッド 200.7 に基づく信頼性の高い高速分析

Agilent 5900 SVDV ICP-OES を用いたUS EPA メソッド 200.7 に基づく信頼性の高い高速分析

Pub.No. 5994-1520JAJP

【要旨】

ICP-OES は、多くの環境ラボで US EPA 200.7 をはじめとする規制メソッドに基づく水、土壌、汚泥など多様なサンプルの分析に広く用いられています。高品質の結果をすばやく得るためには、分析を高速化すること、またエラーのないワークフローを確立することが不可欠です。サンプル前処理にミスがあったり、機器の性能が最適な状態に保たれていないと、サンプルの再分析を余儀なくされ、生産性が損なわれる可能性があります。Agilent 5900 シンクロナスバーティカルデュアルビュー(SVDV)ICP-OES は、最大限の分析スピードを求めるハイスループットラボに最適なシステムです。

分野 環境
キーワード 200.8; EPA 200.8; method 200.8; metals in water; elements in water 
掲載年月 2020/01
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 882kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)