Agilent 8890 GC/FID/5977BMSD システムによる USP <467>クラス 1、クラス 2、クラス 3 の残留溶媒の分析

Agilent 8890 GC/FID/5977BMSD システムによる USP <467>クラス 1、クラス 2、クラス 3 の残留溶媒の分析

Pub.No. 5994-1488JAJP

【要旨】

Agilent 8890 ガスクロマトグラフ(GC)に水素炎イオン化検出器(FID)と質量選択検出器(MSD)を搭載し、USP <467> 残留溶媒のクラス 1、クラス 2、クラス 3 の分析で使用しました。 このアプリケーションノートでは、優れたピーク形状と分離能、高い再現性を実証するとともに、FID および MSD デュアルチャネルシステムが残留溶媒の定性および定量分析のための強力なツールであることを示します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 8890 GC、 FID、 5977B MSD 
掲載年月 2020/07
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 1.61MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)